ストレスを発散しながら働ける

ストレスを発散しながら仕事ができる。

 

 

どうしてかというと、車を運転する事自体がストレスになる、

 

という方は別ですが、

 

車を運転する事がストレス発散になるからです。

 

 

ドライブが好きという方は多いかもしれませんね。

 

 

そして軽貨物の仕事をするまで、軽自動車に乗ったことが無い

 

という方がいますが、軽自動車は軽いので運転が楽なのです。

 

 

軽貨物車に対応する車はFRやMRが主力です。

 

 

 

FRとはフロントエンジン、リア駆動、

 

MRはミッドシップエンジン、リア駆動です。

 

 

車好きならピンと来たかと思いますが、

 

FRと言えばスポーツカーに多い駆動方式ですし、

 

MRとなるとさらにスポーツカーが好む駆動方式です。

 

 

またRRと呼ばれる、リアエンジン、リア駆動の

 

軽貨物車も2012年頃まで生産されていました。

 

リアエンジンと言えばポルシェが有名ですね。

 

 

 

このように駆動方式を見ると、スポーツカーのように、

 

操縦性に優れた方式の車種が多いのです。

 

 

またターボーが付いているモデルであれば、

 

街の中での配達や、高速道路でもストレスなく走る事ができます。

 

 

ターボが無いモデルでも最近の車で、エンジンが元気であれば、

 

スムーズな加速を楽しむことができます。

 

 

車を運転するだけでも楽しむことができ、

 

そして、「馬力は麻薬」とは、よく神奈川テレビで放映されていた

 

新車情報という番組内で、モータージャーナリスト三本和彦さんが

 

が口癖のように言っていたのですが、

 

軽自動車で馬力の絶対値自体はそれほど無いとはいえ、

 

ターボ車の力感やノンターボ車のリニアなストレスの無い加速は、

 

とても気持ちがいいのです。

 

 

ですので、軽貨物自動車で配送をしながら、

 

運転の楽しさや、エンジンから湧き出るパワーを感じる事で、

 

ストレスが知らず知らずのうちに発散されているのだと思います。

 

 

 

仕事をしながらストレスを発散できる所以はここだと、

 

ある時にピンときたのです。

カテゴリ:軽貨物業のいい所 

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ