セカンドキャリアとしての軽貨物運送業

軽貨物運送は運転免許さえあれば、誰でもすぐに始められます。

 

 

実際にセカンドキャリアとして始める方も多くいますし、今までの運送業の仕事の経験やキャリアなどがなくとも、若者から70代の方でも、女性でも活躍しています。

 

 

ほとんどの雇用形態が正社員ではなく、仕事を請け負い、個人事業主として働くのですが、開業するための資金はゼロからでも始められます。

 

 

一般的に、どんな事業でも開始するには、初期費用が掛かる場合が多いのですが、軽貨物運送業は資金ゼロでも大丈夫なのです。

 

 

ですので、会社員を定年退職した方のセカンドキャリア、途中で退職してブランクがあったり、年齢的な条件に引っ掛かり、再就職が難しいという方でも、全く問題なく始める事ができます。

 

 

運送業は、荷物を送りたいお客様(荷主)からの荷物を時間通りに遅れることなく、宛先に届ける。

 

これだけです。

 

難しい事は一切ありません。

 

 

もちろん荷物は様々ですので、小さくて軽いものばかりとは限りません。

 

 

大きいもの、重いもの、長いもの、要冷蔵、危険物、など荷主さんによっていろいろありますが、始めに重いものは運ばないなどと決めておけば割と自由に荷物の種類は決められます。

 

 

女性の方や、年齢的にも重いものは運びたくないという方は、あらかじめ決めておいて話しておけばいいのです。

 

 

そして、このあらかじめ決めておけばいいという事は、どういう事かというと、現在の多くの方がそうなのですが、軽貨物運送の仕事を続けている方は、軽貨物運送を取りまとめている会社に所属する事になります。

 

 

冒頭で述べましたが、正社員という形態は少なく、仕事を委託されて請け負う個人事業主として働くことになります。

 

 

この軽貨物運送の仕事を取りまとめている会社にあらかじめ伝えておけば、仕事の種類を選んで委託してくれますので、重い荷物が多い荷主さんのところの仕事は別の人に任せたりと、アレンジする事が可能になっています。

 

 

もし自分で営業して、荷主を探して仕事を請け負う場合は、このような訳にはいかず、自分で重い荷物の取り扱いが無い荷主さんを探して、仕事を貰うことになります。

 

 

最初は軽い荷物だけといっていたのに、いつの間にか重たい荷物も含まれるようになった、そういう場合も本人の営業力、人間力でなんとかするしかありません。

 

 

 

軽貨物運送の仕事を取りまとめている会社に所属するメリットにもなりますが、営業や交渉が面倒な方には最適な選択かと思います。

 

事務所畑、技術職畑一筋、営業なんて未経験という方でもセカンドキャリアとしても無理なく、働く事ができるのが軽貨物運送なのです。

カテゴリ:軽貨物業のいい所 

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ