自動運転で軽貨物はなくなる?

自動運転が現実的になってきました。

 

既に自動運転ができる車も市販されています。

 

 

ですが、個人的には普及するにはまだまだ何年どころか、

 

少なくとも十数年以上は先ではないかと思っています。

 

 

理由としては、誤動作が絶対に許されない商品であるという事。

 

 

車ですので、誤動作して暴走したり、ハンドルの操作を誤れば

 

大事故につながり、人命や物損も甚大になります。

 

 

携帯電話やスマホのように、製品に多少の問題があっても

 

市場に出てから修正していけばいいという訳には

 

いかないからです。

 

 

 

車が走行する前方の状況は無限に考えられます。

 

あらゆる状況をカメラやレーダーなどで正確に認識して、

 

判断できる技術は、まだまだ先の事ではないかと思っています。

 

またそのような車自体にレーダーやカメラを付けて

 

周囲を判断する自立式の自動運転車ではない、

 

例えば、GPS信号を利用して、車両の位置を把握したり、

 

道路にカメラやセンサーを付けて、歩行者や車などを

 

認識して危険を察知するような技術も、

 

普通に考えても無数に張り巡らされている道路に

 

付ける事は簡単ではないと思います。

 

 

 

高速道路だけ、主要な国道だけと考えれば、

 

まだ実現性はありますが、そうであれば、

 

自動運転はそのような道路だけの限られた機能

 

ということになります。

 

 

 

前置きが非常に長くなってしまいましたが、

 

自動運転が現実になると、軽貨物運送業者にとって、

 

どのような影響があるのでしょうか?

 

 

まず、どんな道でも自動で走れるような

 

完全な自動運転の車が現れた場合、

 

軽貨物運送業という職業は無くなるでしょう。

 

 

自動化された車が倉庫から自宅や企業まで配達してくれるので、

ドライバーはいらなくなります。

 

 

ですが、上述したように、地方の田舎の細い道や、

 

田舎でなくても都市部でさえ、幹線道路から少し入った

 

小道まで自動化できるような車が現れるのは、相当先かと

思われます。

 

 

一部のみが自動化できる状態、現時点で考えられる、

 

高速道路だけとか、主要な国道のみの場合はどうでしょうか。

 

 

 

この場合も最終的な配送先である、一般の家や企業、

 

さらに言えば、企業の門をくぐり、企業によってさまざまである、

 

納品場所まで荷物を届けるのは、

 

結局は人間がコントロールしないと辿り着けないでしょう。

 

 

 

近頃よく話題になる、AIなどの技術が発達すると、

 

近い将来無くなる職業として運送業もリストに

 

入っているのですが、現実的には上記で述べたように、

 

そう簡単にはいかないでしょう。

 

 

 

これから軽貨物運送業を始めようかと考えているけど、

 

数年先にはなくなるのでは? と思っている方はご安心ください。

 

無くなるどころか、ネット通販が今後ますます

 

加速度的に普及していく中で、

 

ラストワンマイルの配送を請け負う、軽貨物運送という仕事の

 

需要は増加しているのです。

 

 

仕事がなくなるという事はないのです。

 

カテゴリ:軽貨物業の未来 

この記事に関連する記事一覧

ページの先頭へ