軽貨物運送業とは?

軽貨物運送業とは読んで字のごとく、

 

軽貨物車で運送業、配送業を営む事をいいます。

 

 

気にしていないと気付かないかもしれませんが、

 

通常の軽自動車は黄色いナンバーを付けているのですが、

 

軽貨物運送で走り回っている車は、

 

たいてい黒いナンバーが付けられています。

 

 

普通自動車以上であれば緑色のナンバーにあたるのが、

 

軽自動車では黒いナンバープレートなんです。

 

 

 

軽貨物運送業者かはナンバーを見れば分かる

この黒いナンバーを取得すれば、

 

軽貨物運送業としてスタートをする事ができるのです。

 

 

こうして、運送業を軽貨物車で行なうのが

 

軽貨物運送業ということになります。

 

 

 

黒ナンバーは書類を提出するだけで簡単に取れますので、

 

あとは車両を用意するだけで、

 

案外簡単に始められるのが軽貨物運送なのです。

 

 

 

実は黄色いナンバーのままでも配送する事はできるのですが、

 

配送する事自体はできるだけで、

 

ボランティアで配送する方はあまりいないでしょうから、

 

賃金を貰って配送する仕事、事業ということになれば、

 

やはり黒ナンバーは必須です。

 

 

黒ナンバーでなくても軽貨物者が出来る例外がある

ちなみに許可を取っていれば黄色いナンバーのままでも

 

賃金を貰って配達する事は可能ですが、

 

繁盛期だけ使われている車はこの形態が多いのですが、

 

通年、本業として行うには、業務を委託する側も

 

黄色ナンバーには仕事を与えないところが多いので、

 

軽貨物運送を始めるには、黒ナンバーは必須と思って間違いないでしょう。

 

 

カテゴリ:軽貨物運送の始め方 

1 11 12 13

ページの先頭へ